2017 5/12 釣行15回目でようやく連チャン坊主から抜け出る。

今日の釣行は今シーズン15回目となる、ここまで14回連続の坊主を爆進し続けている。

これだけ坊主続きなのはヤマメ釣りを初めてから経験した事が無い、普通の釣り場を選べばここまで酷い事にはならないよね。

ましてや14回も連続で坊主を喰らう事自体が非常に難しい、普通は嫌でも1匹や2匹は釣れてしまうだろうな …

魚は薄い、運もツキも無いまま15回目の釣りがまた始まった。

川は超渇水、天気も良く今日の体感気温は30度越えだ、「暑い、釣れね~、外道も喰いが悪いじゃね~か」と愚痴りながら釣りを続ける。

たまに外道が掛かると「やった~ イェ~イ。」とバス持ちで写真を撮ってはみたが… 非常に虚しい…

今日もT名人が川に入っている、「釣れね~釣れね~」と言いながらもポツポツだが釣っている。

私から見ると、そう言うのは「釣れね~」とは言わないでしょ。

私の場合は「アンタは本当に釣りしてるのか~??」と思われている、コレ位にならないと本物ではない。。(笑)

有望なポイントを数か所この条件で魚の付きそうな場所を釣り歩くが外道が少々だけ。

お昼前には暑くて「砂漠で本流竿を担いで歩いている変なオッサン」状態となる。

しかし気が付くと水温が20度越え、もしかしたら??と思いこの辺りの人気ポイントに行ってお昼を食べることにする。

案の定着いてみるとさすがに人気ポイントにも人が居ない、最近はさすがに釣れていないらしい。

昼飯前にちょっとだけ竿を出してみる、ぜんぜん釣れる気がしないが、取り合えず流してみる。

しかし季節外れの激暑、超渇水の中でも、短い流しで五投目位で簡単に釣れてしまった … ?

コンディション良好な遡上系らしき魚だった。

写真は後で撮るつもりで一旦はストリンガーに繋いだが魚がヤバそう、腐れアカ、高水温、酸欠で逝きそうな感じだ。

付近を見て廻ったが、まともに写真を撮れる場所は無かった、仕方がないので車中でウェーダー入れのバッカンに魚を入れて撮影して、上の瀬に運んで無事にリリース完了。

これで連続坊主記録はやっとストップした、正直に言って今年は魚が薄いだけではなくツキも無かった。

今期の一匹目、ここまで本当に長かったな。

ツールバーへスキップ