2017 9/5 午前中15分 午後1.5時間

今日の午前中は母親の検診の為に病院へ連れて行く。

どうせまた3時間は掛かるだろうと思い病院で降ろして川に行く。

糸を0.6、針を小さくすると今日も簡単に釣れる。

ここは河原が無く立ち込んで居るので仕方なくタモに入れるが、虹鱒の香りがたまらんよ。

また釣れる。

ホイホイとすぐ釣れる。

また来た。

40~45位のを3~4匹?取り込んで、ひとつ糸を切られると電話が鳴る、母親からである。

なんと、3時間の予定だったのに「診察が終わった。」と言っているじゃないの??

信じられん…この病院がそんなに早く終わるなんて…

時計を見ると11時だよ、予約は10時なので1時間で終わったのかよ。

のんびり支度をしてから入ったので正味15分~20分位の釣りであった。

まったく疲れる、釣り支度と川から上がって着替えている時間の方が長いぞーー「病院のバカヤロー」。

そんな訳で虹鱒相手だったが、欲求不満の塊になった私は午後3時に再び川に向けて車を走らせる。

餌を採り4時スタート、得体の知れない小さなアタリ一回、あとはナ~ンも無しで釣り続ける。

核心部に到達したが「釣れる気がしない」とっ思っていたら釣れたわ。

今度こそヤマメだわ、きっと今年最後のヤマメになるだろう。

実はこの魚これで40もある、激痩せ、背ビレの辺り体が曲がっている、体色も「終わった」と言う感じの魚体だった。

「これじゃもう釣るのは可哀そうだな。」と呟きつつもまだ釣る。

すると、また釣れちゃった。

これは小さくて35~36位?、例によって40未満と思える魚は面倒なので計っていない。

こっちはまだまだ、いけそうな魚体だった。

これなら禁漁まであと少し大丈夫かな?とは思っているんだが…

でもなかなか釣れないんだよね、今年は魚少ないから。。

ツールバーへスキップ