2017 11/11 墨入れ

〇〇さん、ようやく今日は写真を撮りましたのでUPしました。

少し前から問い合わせが有ったタモ枠の墨入れの方法です。

この枠は塗り直しなので既に節等には墨が入っています。

好みの感じに削り上げて成形します。

この後もペーパーを掛けるので私は♯240で成形して墨を入れてます。

今回はダイソーの墨汁を原液のまま塗りました。

墨汁の濃さは、濃ければ黒に近く、薄ければグレーになります、更に薄いと本榧の場合は薄茶に近くなる物が多い気がします。

水分を吸水しやすい場所、水を吸い難い場所が有ります、これを利用して色の濃淡を出します。

今回のは黒を強調したいので原液を塗って有ります。

鹿角等を付けている場合はマスキングして下さい、鹿角は意外に水分を吸っているので色が付いてしまいます。

乾燥後に♯320のヘーパーで表面を削ります。

この削り加減は全体のバランスを見てお好みで。

この写真は判り易いように削っています。

沢山削れば色は薄くなります、削りすぎて「ちょっと薄いな?」と思ったら再度墨を入れて加減して削って下さい。

良い感じになったら♯400程度で表面を仕上げて下さい。

枠の部分

以上で墨入れは完了です。

下の写真は茶系のステインで着色してからウレタンクリアーを塗った物です。

再度乾燥させてから、タモのベースカラーをステインで着色、またはお好みの色のカシューやウレタン等で仕上げて下さい。

ツールバーへスキップ