2018 1/15 美味しそうな鹿

小春日和の暖かさも有って、今日も大谷合流へポッチの散歩に行く。

風も無く暖かいので「ライズしているかな?」 と思って見たが、水鳥ライズだけの合流。

「よしっ佐貫まで歩くか」と土手道を下流に向かってポッチと歩く。

土手下の藪に向かって獣道がかなり多い「かなり居そうだな」と思って時折手をパンパンと叩いて歩いているとヤッパリ出た。

バキッバキッと小枝の折れる音、「おおきいイノシシ?」と思っていたら、美味しそーな鹿だった。

途中まで逃げて振り返ってコッチを見ている、「おいで、おいで、美味しく食べてあげるよ~」と呪文を唱えたら逃げて行った、残念。

ポッチにはハンティング犬としての才能は全く無いので助かる、獣を追ったら帰れなくなっちゃうからね。

ここはかなり良い場所なんだけどね、春になって水が増えると行きも帰り超大変な場所だ、しかも対岸中州の藪の中はイノシシだらけだろうし、昔この少し上で夜間の水難事故が有り2人亡くなっているし、夕方なんか怖くて釣り出来ね~ 惜しいね~。。

ツールバーへスキップ