2018 6/8 久し振りのW川

朝の5時前に電話が鳴る、Mr松からだった。

もう私の家の近所に来ていると言う、W川に行く途中で電話をくれた。

正直言って、気乗りしてなかった。

まず、あそこは超暑い、天気の良い日は朝晩しか釣れる気がしない、今は左膝を痛めているのでデカイ浮石の川を歩きたくないのが理由、ボツボツ良いのが釣れている情報は有った。

釣行決定の最大の理由は、netで噂のW川で釣りをしているとセーラー服を着て、「こんにちは!」とドスの効いた声で挨拶をしてくれる50代位の「セーラー服オジサン」が出没するらしいので、怖いもの見たさで釣行を決定。(笑)

(写真はイメージです。)

その後の情報、川越のOさんの友達はK川合流付近での事、「川の中に首まで水に浸かって、無言でずっとコッチを見ていた、幽霊より怖かった。」との話。(怖)

足が痛いので楽な場所を選択したつもりだった。

しかし、川に出るまでの藪の酷い事、川まで出る踏み跡は途中で途絶え、迷子寸前だった。

たぶんあの踏み跡はイノシシの獣道だったのだろう。(笑)

餌を採り終え、水深20~30㎝の浅瀬が好反応で6匹、水深の有る場所はほぼ無反応。

かなりカワウの影響が有りそうだ。

出だしから6匹、もう少し下で1匹追加、ニジマスも一つ、短時間でこんなにこの川で釣ったのは、水の多い時しかないよね。

釣果は大変良いんですが、ニジマスはともかく...

ここで釣ったヤマメは7匹ぜ~んぶ... 成魚放流再生ちゃん達、だったのだ。(笑)

一見すると普通のヤマメだが、タモに入れてから良く見ると~~成魚放流再生なんだな。

私もリリースを急いでいたら気が付かない位に綺麗?になっているけどね。

サイズはこんな感じが多かった。

その後は堰下を釣り下ったMr松を車で拾いに行く。

Mr松は例のセーラー服オジサンがよく出没する辺りまで下って行ったら別種?の人物に遭遇したらしい。

河原で野球帽をかぶり、紺色のブリーフ一丁で日光浴?をしている人とても落ち着きが無く、変態丸出しだったらしい。(笑)

上流でも竿を出した、結構釣れたがMr松も私も釣ったヤマメは全部が放流魚だった、上流の魚は小汚い放流魚だった。

良い魚はかならず居るはずなので、雨後か朝晩を中心に狙うのが良さそう。

ツールバーへスキップ