2018 7/8 魚が転がっていた。

昨日に続き今日も鬼怒川で遊ぶ。

しかし、何でこんなに人が多いのか不思議だ? 釣れてもいないし、狙って釣るほど魚は居ないんだけどね??

どの場所も人が多いので歩き難い瀬を選ぶ事になった、浮石の多い瀬の中は5寸位までのチビヤマメが多かった。

瀬が終わり大淵に入るとピタッとアタリが無くなる、チビどころか雑魚アタリも全く無い?

カワウの影響だと思う、大きい浮石が多くカワウも魚を追い難く、隠れ場所も多い瀬にはチビが沢山居る。

となりのW川に魚が多い理由がよく判る良い例だね。

あそこ行けば俺でもチッコイのは釣れるもんね、あそこがもう少し涼しければね...

夕方は手塚君と梅山さんの3人で川に入る。

途中で目の良い手塚君は川底に転がっている魚を発見、彼のスケベ眼は凄いな...

最初は午前中にリリースしたヤマメが「死んじゃったの?」と思ったらしい。

近づいて見ると3㎏~4㎏位有りそうな大きい魚だった、針傷等も無く、無傷?のようだが御臨終だった。

死亡推定時刻は発見1時間前?? 小魚をたらふく喰っていそうだ。

死因はニジマスだからもしかして「変な物を喰った?」。(笑)

デカイ事はデカイがあまり美しくない魚だ、まだ時間も早いので発見者と共に記念撮影をしてあげた。(笑)

手塚君がエアマスターを持って来ていたので、「この魚に針を引っ掛けてエアマスターで寄せられるか実験してみよう。」と言ったら「駄目~」と言われてしまった、何だか...つまんね~な。(笑)

一応言って置くけれど釣った魚ではない、川底に転がっていただけね。

肝心な夕方の釣りは3人してボウズでした、これが今の鬼怒川では普通だね。

ツールバーへスキップ