2018 8/3 居た。

今日も早起きして釣り場へ向かう。

到着すると見た事の無い知らない車が置いてある、この停め方は地元じゃないね、中が見えない、でも見たくない。

ナンバーを見ると千葉からカジカ釣りと判明した。(笑)

自殺じゃなくて良かった~ 沢山釣れると良いね。。

今日も餌は沢山採れる。

何時ものようにチビッ子達をポツポツ掛けては抜いて行く。

今日もやっぱり、チビッ子だけか...と思いつつ流していると根掛りした。

軽く2度ほど竿を煽ると....動いた?? ゴミ?

その後は激しく?抵抗、ジャンプ2発、体色からして完全にニジマスと思ったので思い切り乱暴に取り込み開始。

途中は「何だよ、針外れないかな。」と思ったが、近くでよく見るとヤマメじゃん?

アッサリ取り込んだヤマメは超細いが、想像以上に長かった。(笑)

久し振りに測ってみると46も有りやがる、細いのでこんなに有ると思わなかったわ。

チビッ子しか居ないと思っていたので今日は私にしては超細糸の0.5号。

ニジマスだと思って強引に引き寄せたのが良かったんだろうな、丸飲みで針の上辺りは糸がボロボロだった、危なかったね。

しかし、鵜にやられた傷、可哀そうな位に細くなっているし...

春の増水時にはウンコの様な汚い水がダムから流がされ、餌もロクに無く、夏のバカ陽気に超渇水の高水温、カワウには喰いつかれるし、思わずヤマメに同情してしまう自分が居る...

撮影後に丁寧にリリースしてやったが、「まだ先は長いよ。」と呟いてしまった。

最近はカワウの20~30羽の群れが幾つも来ている、天然遡上?のチビ鮎が登って来たようだ。

スポット的にチビ鮎の舐め跡がかなり見られる場所も有る、これを追ってカワウが来ているのは間違いない。

今年はヤマメが釣れないので、鬼怒川本流のヤマメを狙いに来る人が極端に少ない、カワウはやり放題だ。

鬼怒川に来て釣りをして下さい、今年は7寸~8寸位が主体になってしまうが、やたら沢に入るより数も釣れるだろう、運が良ければ大型も出る?(笑) そしてカワウも川に降り難くなる。

チョット大きめのヤマメにも平気で喰らい付くカワウ、チビヤマメなんて超簡単、カワウを見かけたら追い払って下さいね。

ツールバーへスキップ