2020 5/5 山ヒル

今日は山ヒルの調査?で沢に出かけました。

簡単な調査は完了? 猛烈な雨で沢に居るのは身の危険を感じて撤収しました。

あまりの雨で着替える事もしないで車に乗り込んで帰宅しました。

自宅の浴室でフィッシングベストやウェットタイツ等を脱ぎ、そのままシャワーを浴びました。

サッパリしたわ~

浴室に干したベスト類が気になって数時間後に見に行くと本当に居ました、浴室の床の上でニョキニョキと気持ち悪い動きをする、吸血前の山ヒル君でした。

幸いにも私の血は不味いらしく、体には付いてなさそうです?

知り合いから聞いてましたので、シャツ、ウェットタイツの内部にまで山ヒルに効果があると言われている防虫剤を散布、もちろん体の露出部分にも塗りたくってから沢に入りました。

山ヒルの話を聞いたのは釣り人ではなく、自転車乗りの知り合いでした。

自転車乗りが霧降辺りの道路脇で休憩していると、直ぐにニョキニョキと数匹寄って来るらしい。

今日は普段は明かさない河川名も公表しちゃいます。

霧降高原の別荘地脇を流れる鳴沢の下流でくっついて来たと思います。

日光警察署から直ぐの所です、シカ等にくっついて移動していると思われます、鳴沢下流で山ヒルが居るんじゃ「大谷川辺りにも居るかも?」と思った方がいいでしょう。(笑)

これからの季節は茂みに身を寄せてイブニングライズを待つ人をよく見かけますが、もののけ姫のイノシシみたいになっても知りませんよ。(笑)

山ヒルは直射日光等には弱いらしいので、開けた河原なら大丈夫だとは思うが、梅雨時等の長雨時はどうなんでしょうね??

他の川では例年だと6月位からと聞いています、ここ数日間は夏日があったので出て来たのかもしれませんね。

この辺りの山ヒル最盛期にどのくらいの量が居るのか?は知りません、これからの時期にゲーター等で釣りをする時は注意した方がいいでしょう。

山ヒルの事を詳しく知りたい方はヤマビル研究会に飛んでください。

コチラ→ http://www.tele.co.jp/ui/leech/index.html

釣りだけではなく、山に入る時は気おつけましょうね。

この辺りの山中で青姦、野糞等の尻を露出させる様な行為は、山ヒルの恰好の餌食になるかも知れません。(笑)

しかし後ろ姿?も可愛いね、カメラ向けたらこの姿で硬直してやがるの。

コレって釣り餌にはならないのかね? (笑)

ツールバーへスキップ