2020 5/24 こんな感じでどうでしょう。。。

今日も「こんな感じでどうでしょう。。。」とmailが有った。

今日のは可愛いヤツだな、ナマズを含めてデカイのはそうは釣れないでしょう。(笑)

私は今日も山の中、昨日はコテンパンにやられた。

昨日は本流でなんとアタリ3回で放流イワナ1匹だけで終了、ウンコを我慢しながらの辛い釣りだったのだ。(ウンコ紙は持って釣りをしましょう。)

そしてブリブリ脱糞、仕切り直して自信の有る沢に入るが、アタリ一回でニジマス1匹だった。

私のつまらん自信は、踏ん付けられたウンコのようにグチャグチャになりました。

そして今日は、これでも鬼怒川本流の某所、ポツポツと釣れた。

こんな所のイワナ釣りでタモを持っているのは私くらいかも?

はっきり言って谷を降りる時は邪魔で危険、魚を傷めたくないので可能なかぎり使っているが、危ないので折り畳み式のヤツを買うか検討中…

移動した、ここもポツポツと釣る。

ここに入る時にベテラン風の3人の釣り人が結構な数を切腹していた、あんなに食えるのかね??

シシャモサイズも切腹だ、イワナは長生きでもっと大きくなるのにね…

本当に食べるなら良いんだよ。

俺も昔はそうだったから気持ちは解かる、たいていは何となく釣果を誇りたいだけで、家に持って帰ってみても冷凍庫の肥しにもならない。

普段のもっと下の本流では最近は殆ど見かけなくなってきたが、渓流域ではまだこんな感じなんだな...

ツールバーへスキップ