2020 6/27 鬼怒川 子ヤマメ

今日は3時着、3時30分スタート。

今日は昨日とは別の瀬を釣り下り、最後に深場を探る。

入川時は風が強かったので8m竿を持って入る、瀬を釣るには8mは使い易い、正確な筋を流すのが楽で良い。

しかしこの瀬は結構やっている感じがする、思ったより魚は入って居そうだがスレている。

大物と言うほどではないが、感触では尺位かな?と思うアタリは何回か出ている。

子ヤマメが入っていない強い場所で、何の前触れも無しにいきなりガッンとやられて終わり。

今日の仕掛けでは私には掛けられない魚、細糸で軽いオモリなら掛けられるかも知れないが、流れがかなり強いのでバラす確率が高いだろう。

今日の瀬はこのサイズでも掛け難い、スレているんだろうね。

なんと脂ビレ無しが居た、下から昇って来たのか? こっちにも放流したのか聞いてみよう。

最後の深場には魚は入っている感触は有ったが不発、だいたい竿が短すぎた、まともに届かん。(笑)

これが今日の最大で8寸程度、綺麗な魚体だし今年は小さくても釣れるだけ良い方だろう。

大谷合流を帰りに覗いてみたが全くライズ無し、もっと暑い日が続かないと駄目なのか??

ツールバーへスキップ