2020 8/3 思いがけない良い釣り

今日は鬼怒川の上流で合流する支流で良い釣りができた。

叔母から「ニジマスをバター焼きで食べたい。」と言う話が少し前に有った。

「ニジマスなら楽勝だな。」とノンビリと午後から山の支流に行く。

春先にはイワナを釣りに行くと、少しウンザリする位にニジマスが釣れた川です。

もうメジロが飛び出だしていて防虫剤を付けてから釣り開始。

20㎝位の子イワナをポツポツと釣るが、ニジマスが出ない??

そのうちに何処かでパカパカとニジマスが出るだろうと思い遡行する。

釣れるのは子イワナばかりだ、ニジマスが居ない、おかしいな…?

途中で大き目なニジマス?らしき魚に切られる、「ヤマメみたいな引きをする元気なヤツだな」この時は思った、更に遡行する。

以前はニジマスの溜池のようになっていた淵で魚を発見。

深いのでハッキリは見えないがニジマス? ヤマメ? 泳ぎ方はヤマメだが??

なんとか騙し騙しやっと掛ける、取り込み完了…ヤマメだわ。

今までこの川で釣ったヤマメは大きくても25㎝位だったと思う、今日は+10㎝だった。

この川でこんなに大きいヤマメを見た事が無かった、居るんだねぇ。

更に遡行していくと良い落ち込み? 絶好なイワナのポイントで一投目で喰って来た。

掛けた落ち込みでは全然取り込めず、下の小さな瀬を下り、次の落ち込みの寸前でギリギリ取り込み完了。

取り込んだのはちょっと細いが更に+5㎝のヤマメだった、しかしこんなの何処に居たんだろうね? 下流の水溜まり程度のダムから来たのかもね??

先に糸を切られた魚が気になるな...

6mの小継竿に半分のチョーチン仕掛け、このクラスのヤマメを本流の逆で竿を短く縮めながらタモで掬うのは初めてだね。

春先に大きいニジマスをチョーチン仕掛けで特訓?した甲斐があった、ニジマス様様だね。(笑)

しかしだ...叔母に頼まれている肝心なニジマスは全然釣れなかった。(笑)

今日は帰りの足取りも軽い軽い、ルンルンとスキップをしながら車に戻りました。

また来よう。。(笑)

ツールバーへスキップ