2020 8/10 増水藪漕ぎ、工作

「今日も暑い。」...で思い出した、ゲーターが必要だ。

7月の陽気が変だったのでゲーターなんてすっかり忘れていた、少し前のイワナ釣りをウエットタイツで歩き死ぬ寸前だったのだ。

糸井店長に電話をすると「売り切れ。」と言われた。

そして夕方は川に向かう、途中少しゴロゴロ鳴って軽く雨が降る。

「大した事はなかったな」と思い入川する。

堰堤下の分流を渡り釣り開始、分流を渡るのが少しキツイ「少し水増えたかな?」と思った。

今日は堰堤~次の堰堤間をかるく釣り下る予定だった、瀬が何時もよりキツイ?気がした。

釣り開始から15分位で「ありゃ駄目だ~(笑)。」雨上がりの薄暗い状態で判り難かったが、急に水が増えて来た。

ここから戻るにはヤットコ渡った分流はもうアウトだろうし、下流の堰堤付近は河原無しなのでこの水だと超怖い...大谷川も舐めたらイカンな~。(笑)

仕方ないな~ヤダな~...距離はいくらも無いが超藪漕ぎだよ...

こうゆう時は何故か?獣道も見つからない、こんな所はイノシシだって歩かないよね。(笑)

あまりにも酷い藪漕ぎ最中には「ヒル居ないだろうな?」「マムシの話は聞いた事が無いから大丈夫かな?」とか考えながらもがき苦しむ、「暑い」「キモイ」「ツルが引っ掛かり足が動かな~い」「最低だ~」と独り言をわめきながら強硬突破した。

う~...二度とやりたくない。

帰り際に川を見ると、ここでコレだとやっぱり下流の堰堤から上がるのは無理だったようです。

急な雨には気おつけましょう、しかし酷い藪だったな。(笑)

そんなこんなで家に戻りボーっとしていて、「ゲーター無いのか...」「んっ、そうか!」思い付いた。

工作を開始する、ゲーターを入念に? 制作する、制作時間は5分だろう?

出来た、「超カッコイイ?」間に合わせとは言え...「なんか…貧乏くさい」「激ダサイ」「やっぱ、捨てるか」と言う出来ばえだ。(笑)

制作過程をご説明致します。

古いウエットタイツを適当にハサミで切るだけです。(笑)

副産物としてウェットパンツも出来上がります。(笑)

では、また。。

ツールバーへスキップ